QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
マーク
マーク
主宰者 坂口 まさし

大阪体育大学在籍中から、こどものスポーツ教室での指導を始める。
中でも、スキーや野外活動は多く、社会人となってからは、首都圏で展開する
スイミングクラブでの指導を中心に、また年間400名以上のこども達をスキーに
連れて行く企画も成功させる。

その後、動きと安全性に優れたトレーニングメソッドを習得し、2007年、こども運動教室「動き開花スクール」を主宰する。
2011年には、「紀ッズリートアスレチック教室」と改め、和歌山県のこども達の体力向上に微力ながら貢献している。

〇保有資格
健康運動指導士
教員免許(中学・高校保健体育1級)
その他運動・トレーニング関連資格保有

2016年09月03日

定期開催

になってから本日4回目のスポーツ鬼ごっこの日です。

気が付けば9月になりましたね。台風がどんどん来ていますが、これも季節柄でしょうか?

さて今日は参加人数が14名でした。これはスポーツ鬼ごっこの正規の人数(一チーム7名)なのです。現状なかなかうまくこういう人数になりませんが、その上、1年生~6年生までまんべんなくいるのでにぎやかです笑

いつも悩むのが、どういうチームにするかなのですが、メンバーが毎回同じではないので、学年別で均等に分けていましたが、今日は一つ体力測定をしてみました。

10メートルのダッシュのあと、折り返して、ラテラルラン(横走り)



このタイム順で2つのチームに振り分けました。

ということで、学年という枠は完全に無視しています。

そもそも学年で分ける意味か余りありませんね。個人差と言えばそれまでですが、至って普通にゲームができました。

そして本教室でも最も大事にしていることですが、『協調性』です。同じスポーツをするのに年齢や学年という仕切りは関係ありません。体力測定の実施順序もこども達が決めます。



私実はこどもの頃、これが(協調性)がなく親が心配して、色々なコミュニティーの場に連れて行ってくれました。心の中では嫌でしたけどね笑

そして秋と言えば、、、、、


運動会です


その関係もあり、グラウンドの芝も現在コンディション調整中です!! 和歌山県内に27校ほどあると言われている・・・

屋外運動場芝生化促進事業


で、平成20年に芝生のグラウンドとなりました、こちらの安原小学校ですが、久しぶりに芝生の上でスポ鬼を今秋はやってみたいと思っています。



次回は、9月17日(土)9時30分~ です。


アスレチック教室 スポーツ鬼ごっこ教室の
お申込み、お問い合わせはこちらまで

~安原スポーツクラブ事務局~

⇒電話・fax 073-460-9746
⇒携帯 090-5060-0115
⇒mail hidenoribaba@hotmail.com
⇒担当 馬場まで


安原スポーツクラブのホームページはこちら
(^_-)
http://www.eonet.ne.jp/~ysp2009/index.html


同じカテゴリー(スポーツ鬼ごっこ)の記事画像
8年目の
2年目のスタート
初めて開催の
3.4年振りに
参加者の人数
体験会月間です
同じカテゴリー(スポーツ鬼ごっこ)の記事
 8年目の (2017-04-08 15:23)
 2年目のスタート (2017-04-01 12:47)
 初めて開催の (2017-03-18 14:45)
 3.4年振りに (2017-03-04 14:05)
 参加者の人数 (2017-02-18 15:21)
 体験会月間です (2017-02-04 17:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。