QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
マーク
マーク
主宰者 坂口 まさし

大阪体育大学在籍中から、こどものスポーツ教室での指導を始める。
中でも、スキーや野外活動は多く、社会人となってからは、首都圏で展開する
スイミングクラブでの指導を中心に、また年間400名以上のこども達をスキーに
連れて行く企画も成功させる。

その後、動きと安全性に優れたトレーニングメソッドを習得し、2007年、こども運動教室「動き開花スクール」を主宰する。
2011年には、「紀ッズリートアスレチック教室」と改め、和歌山県のこども達の体力向上に微力ながら貢献している。

〇保有資格
健康運動指導士
教員免許(中学・高校保健体育1級)
その他運動・トレーニング関連資格保有

2016年12月17日

スポーツなら

なんでもいい!! 親御さんと話していてると、よくこう言われます。 ただやるからにはそこそこのレベル・・・と・・・

難しいところですね。

そこそこのレベルか否かよりも、色々なスポーツをそこそこやった方が広い意味でいいと思うのです。


今はスポーツ系の習い事も色々とありますね。

学習塾や、音楽、英会話なども習い事となるので、そこにスポーツを入れると、今のこども達は大変ですね。

どの習い事も、将来にきっと生きると思いますが、スポーツ系の場合、健康に直結する可能性が大いにあります。少なくとも、こどもの頃に身体を動かすことが好きになったこどもは、大人になってから再開する時も、そのハードルは低くなります。


とにかくスポーツを何かやらせたいと思うなら・・・・


スポーツ鬼ごっこ 


があります。


親御さんが何らかのスポーツ経験者なら、お子さんに教えることが出来ますが、そうでない場合は、誰かに任せるしかありませんね。

スポーツ鬼ごっこは、言わずと知れた「鬼ごっこ」がベースの新しいスポーツです。まさか鬼ごっこを経験ない親御さんはいないと思います。

独自のスポーツルールの採用により、誰もが知る鬼ごっこが、体力格差に関係なくスポーツを楽しめるツールになります。



スポーツ鬼ごっこ教室のお申込み、お問い合わせはこちらまで
~安原スポーツクラブ事務局~

⇒電話・fax 073-460-9746
⇒携帯 090-5060-0115
⇒mail hidenoribaba@hotmail.com
⇒担当 馬場まで


安原スポーツクラブのホームページはこちら
(^_-)
http://www.eonet.ne.jp/~ysp2009/index.html



同じカテゴリー(スポーツ鬼ごっこ)の記事画像
8年目の
2年目のスタート
初めて開催の
3.4年振りに
参加者の人数
体験会月間です
同じカテゴリー(スポーツ鬼ごっこ)の記事
 8年目の (2017-04-08 15:23)
 2年目のスタート (2017-04-01 12:47)
 初めて開催の (2017-03-18 14:45)
 3.4年振りに (2017-03-04 14:05)
 参加者の人数 (2017-02-18 15:21)
 体験会月間です (2017-02-04 17:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。